日焼け止めの正しい使い方や選び方

 

日焼けを防ぐための日焼け止めの正しい使い方とは

 

熱くなり紫外線が強くなってくると日焼け止めは欠かすことができません。

 

しかし、その使い方が間違っていればどれだけ日焼け止めを塗っても日焼けしてしまうことにもなりかねません。

 

塗る時のコツは肌にムラ無く塗ることです。ムラが出来てしまって日焼け止めが薄くしか塗られていない場所は他の場所に比べて日焼けしやすくなってしまいます。

 

また、パッケージに記載の数値を基準に日焼け止めを選んでいる人も多いですが、数値が高いから薄く塗っても大丈夫というわけではありません。

 

パッケージに記載の量を塗ることで記載の数値が得られるのです。

 

基準として、1平方センチメートルあたり2rの量を塗ることで記載の効果が発揮できる、という数値が記載されています。

 

そのためSPF30の日焼け止めを使っていても、薄く塗りすぎてしまった場合には実際にはSPF10〜15程度の効果しか得られなくなってしまいます。

 

1平方センチメートルあたり2rの量を塗ると肌が真っ白になってしまうほどのものなので、商品に記載のものよりも肌に塗った場合の数値は低めだと思っておく方が良いかもしれません。

 

また、日焼け止めは衣服でこすれたり汗をかいた場合には流れて行ってしまいます。

 

そのため、朝のうちは効果があるかもしれませんが時間が経つごとに日焼け止めの効果が薄れて行ってしまう可能性が高くなります。

 

2〜3時間に一度は塗り直しを行うようにしたり、ウォータープフールタイプなど、水に強い特徴をもつ商品を使うのも塗り直しの回数を減らすことができる方法です。


肌に負担をかけない安全な日焼け止めの選び方

紫外線は肌の老化と深く関わっているので、年間を通して紫外線対策は重要です。

 

紫外線対策の基本は日焼け止めです。各社からたくさんの種類の日焼け止めが販売されていますが、安全性が疑わしく、肌の負担になる成分が含まれている製品も多いので、選び方には注意が必要です。

 

では、肌に負担をかけない安全性の高い日焼け止めはどのように選んだら良いのでしょうか。

 

選び方には3つのポイントがあります。まず1つ目は、SPFとPAの値です。

 

紫外線には、A波とB波がありますが、A波に対応しているのがPAで、B波はSPFに対応しています。

 

肌への影響を考えると、A波、B波ともにカットする必要がありますが、SPFとPAの値が大きいと肌への負担が大きくなります。

 

ですので、日常的に使用するなら、SPF20〜30、PA++くらいが適切です。次のポイントは、紫外線吸収剤を含まないものを選ぶということです。

 

紫外線吸収剤は、紫外線をカットする働きがある一方で、紫外線を吸収するので、肌には大きなダメージになります。

 

ですので、紫外線吸収剤が使われていない日焼け止めを選ぶことで、肌への負担を軽減することができます。

 

最後のポイントは使用感です。ジェルやクリームなど、日焼け止めには様々な使用感のタイプがあります。

 

べたつかずに白浮きしないものは使用感が良いので人気がありますが、これらには紫外線吸収剤が含まれています。

 

また、成分がナノ化されていることも多いので、体の中にまで浸透し、健康被害につながるリスクも高まります。

 

クリームや乳液状になったタイプのものは、紫外線吸収剤が含まれていないことが多いので、安全性が高いと言えるでしょう。

人気の日焼け止めと化粧水で美肌になろう

人気のスキンケア商品を使えば、まず商品選びに失敗しないといえます。

 

暑い季節の本番を迎える前に用意したいのが、日焼け止めです。日焼け止め商品で高い人気を誇っているのが、ALLIEです。

 

下地ジェルから乳液タイプのもの、リキッドタイプなどが用意されています。

 

ウォータープルーフの機能が備わっていますので、汗をたくさんかいたり、水を浴びても日焼け止めの効果が維持されます。お化粧をするなら、化粧下地タイプが適しています。

 

SPF、PA共に、最高クラスの値になっています。それほど強力に紫外線をカットできる実力を誇っていると判断できます。

 

ウォータープルーフでありながら、普通の洗顔料で簡単に落とせる工夫がなされています。

 

肌への負担が少なく済むのが魅力です。ヒアルロン酸や美肌トリートメントエッセンスを配合していることから、保湿効果も万全です。

 

無香料、無添加で、敏感肌の人でも安心して使えます。

 

日焼け止めと合わせて利用したいのが、美白化粧水です。

 

紫外線ダメージを負った肌は、シミができやすい状態です。これを美白化粧水で整えることによって、シミ予防などが実現可能です。

 

美白化粧水で人気を集めているのが、ホワイティシモの薬用ローションホワイトです。

 

肌のくすみの原因になる乾燥しがちな角質層に向けて、有効成分を与えることで、潤いを得られるようになります。

 

独自のトリプルブライトカプセルを配合している点にも注目です。

 

日中でも夜でも使用可能です。

ライスフォースの日焼け止めなら試してみる価値があります

ライスフォースの日焼け止め化粧下地であるUVプロテクトミルクは、潤い成分が配合されているので肌への負担が少ないです。

 

その潤い成分はライスパワーNo.1エキスといって、米ぬかを原料にしています。

 

米ぬか内部に存在する微生物が超低分子に分解しているので、肌の奥まで潤いを届けます。

 

ライスパワーエキスは30種類ありますが、UVプロテクトミルクに配合されているものは、皮膚を健康に守る効果があります。

 

紫外線対策には紫外線吸収剤を使っています。

 

紫外線吸収剤は肌への負担が大きいとされますが、ライスフォースでは表面をシリコンでコーティングしているので、肌に直接触れることはありません。

 

香料や石油系界面活性剤、動物性原料、着色料などは使わず、phは中性です。アレルギーや刺激テストにも合格しているので、肌の弱い人に適しています。

 

SPF25なので洗濯物を干したり買い物に行ったりと日常生活で紫外線に当たる時に使うと良いです。

 

日焼け止めを落としたい時は洗顔をするだけで良いため、忙しい人も簡単にケアできます。

 

UVプロテクトミルクは単品でも販売していますが、効果を確かめたい時は「ライスフォーストライアルスペシャル5点セット」を購入すると良いです。

 

税別1400円で、美白対策が中心のセットです。全国どこでも送料は無料で、30日間の全額返金保証が付いています。このセットは公式サイトでしか取り扱っていません。

美白成分が含まれた日焼け止めがおすすめ

夏の大敵と言えば、ギラギラと降り注ぐ熱い太陽の光線です。

 

この中にはたっぷりの紫外線が含まれていて、美肌を目指す世の中の女性の大敵です。

 

そんな紫外線は、シミやシワ、そばかす、たるみなどの肌老化を進める大きな原因となります。

 

そのため、できるだけ紫外線の被害を受けないように、対策をしたいものです。

 

紫外線から身を守るものとして、日傘があります。

 

かなりの紫外線をカットしてくれるので、効果としては抜群です。

 

しかし、日傘で穴となる部分は、地面に当たった太陽の光が、したから跳ね返って身に注がれるという点です。

 

普通は上からの紫外線を守れば大丈夫だと思ってしまいますが、このように思わぬ盲点が日傘には潜んでいるのです。

 

ですので、やはり併用して利用したいのは、日焼け止めです。

 

日焼け止めにも色々と種類がありますが、おすすめは美肌成分が配合された日焼け止めクリームです。

 

例えば、日焼け止めに配合されるビタミンEトコフェロールオイルなどは、シミやシワのもととなる原因物質の活性酸素の生成を抑え、美白効果もあります。

 

また、荒れてしまった肌の修復作用なども期待できるので、紫外線で疲れがちな肌の強いみかたとなるのです。

 

日焼け止めを選ぶときに、ついSPF値の高いものを選びがちになってしまいますが、このSPFとは、持続時間の問題となります。

 

つまり、SPF20よりもSPF50の方が、長い時間効果が持続しますということなのです。

 

しかし、あまり成分が強いものは、肌への負担も大きくなります。

 

そして、日焼け止めは汗や擦られることで落ちてしまうので、肌に優しい成分のものを、何回か塗り直して使用することが大切なのです。